Lounge ”四季”を散歩して・・・                気になること(モノ)を綴るblog

fujiyanh.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アウトドア( 24 )

八ヶ岳南麓1泊2日の旅②

2日目
野辺山 宇宙電波観測所→http://www.nro.nao.ac.jp/
b0083855_15311654.jpg

ミリ波干渉計 科学的観測運用を終了 サブミリ波の時代へ
b0083855_15311817.jpg
4D宇宙シアター上映中。時間合わずで見れず。HPで要確認


原始惑星の巨大衝突






JRの駅で最も標高の高い所→http://www.kanko-nobeyama.jp/
b0083855_1531217.jpg

美しの森→http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/
b0083855_15312539.jpg

サンメドウズ 清里ハイランドパーク→http://www.sunmeadows.co.jp/
b0083855_15312721.jpg

パノラマリフト
b0083855_15313431.jpg

清泉寮→http://www.seisenryo.jp/ 
ジャージーハットのソフトクリームは行列
b0083855_15313795.jpg

清泉寮パン工房→http://www.keep.or.jp/restraunt_shop/bread/ 
ジャージー牛のミルクジャムを購入
b0083855_15314079.jpg


キープ協会の自然歩道 マップ 次回はハイキングで
b0083855_4443121.jpg


八ヶ岳倶楽部→http://www.yatsugatake-club.com/
b0083855_1532323.jpg

苗直売所
b0083855_1532667.jpg

中庭 森のさんぽ道
b0083855_1532938.jpg

流木花器 金魚鉢にもなるそうです。インドネシアの職人作
b0083855_15321329.jpg
八ヶ岳南麓③へつづく



[PR]
by fujiyanh | 2016-08-16 20:04 | アウトドア
仙人小屋→http://www.oizumi.ne.jp/~sennin/ 
八ヶ岳高原ライン沿い
b0083855_1537228.jpg

これぞマタギ
b0083855_1537661.jpg

メニューは豊富で迷う
b0083855_1537883.jpg

店内も渋い
b0083855_1537111.jpg

熊肉丼を注文 きのこ汁付 1800円
b0083855_15371413.jpg

小淵沢道の駅にもどってゴール→http://mkobuchisawa.jp/
パンが美味そう 野菜も安い買って帰るのがオススメ!
足湯あり
b0083855_15372087.jpg

隣接のスパティオ→http://spatio.jp/index.html 
延命の湯 大人820円
b0083855_15372323.jpg


八ヶ岳リゾートアウトレット→http://www.yatsugatake-outlet.com/
よる時間もあるが、特に買うものもないのでスルー

中央道の渋滞が心配だが、双葉、談合坂のSAも楽しみ→http://sapa.c-nexco.co.jp/
渋滞情報はこちら→http://c-ihighway.jp/web/map_kanto.html

1泊2日でもけっこう回れるが、濃くみて歩くのがオススメ!
何度も通う魅力ある町







[PR]
by fujiyanh | 2016-08-16 20:03 | アウトドア
「LIVE SIMPLY」とはシンプルに生きようという意味で、
パタゴニア流のいろいろなメッセージが込められています。
b0083855_21172837.jpg



「テント・ライフ」
テントに収まらないものは不要なもの、というシンプルな考え 
フランク・オズマンがシンプルに描いた
b0083855_21173495.jpg


「ディッパー」
デソレーション・キャニオンで目にする「スター」は天空のスターだけ、という意味。
フランク・オズマンのオリジナルアート
b0083855_21173965.jpg


「フィン」
端的に言ってドーサルフィンは海での技量の証拠、という意味。
ジェフ・キャンハムのオリジナルアート
b0083855_21174855.jpg


「ギター」
プラグを抜いて暮らしましょうと、いう意味。
ジェフ・マクフェトリッジのオリジナルアート
b0083855_2117566.jpg


「フロッグ」
ケロケロっとシンプルに暮らそう、という意味。
ジェフ・マクフェトリッジのオリジナルアート
b0083855_21175961.jpg


「スペア」
車を使うのではなく自転車といった人力で楽しみましょう、という意味
ジェフ・マクフェトリッジのオリジナルアート
b0083855_2118599.jpg


「クロック」
時間があってもなくてもシンプルに暮らそう、という意味
ジェフ・マクフェトリッジがデザイン
b0083855_21181371.jpg


「フック」
釣りでも人生でも、シンプルさが豊かさを導く、という意味
ニール・ヒューバート のオリジナルアート
b0083855_21203768.jpg


「ブレイカー・バッジ」
崩れる波に誘われたら、この帽子をかぶって答えましょう、という意味
ニール・ヒューバートのオリジナルアート
b0083855_21245748.jpg


「ランドスケープ」
人類が生き延び繁栄するためには森と山と川が必要であるというシンプルな考え
ニール・ヒューバートのオリジナルアート
b0083855_21182910.jpg


「サンセット」
豊かな色合いの稜線と空は、シンプルな暮らしが精彩に富んでいることを思い出させてくれる、という意味
ピート・ケグラーのオリジナルアート
b0083855_21183692.jpg


詳細パタゴニア→http://www.patagonia.jp/home
[PR]
by fujiyanh | 2016-05-30 20:34 | アウトドア

Worn Wear パタゴニア

b0083855_1629428.jpg

これは顧客心理を上手くついて商品を購入させる戦略だが、環境問題を考慮し、
本当に必要かどうかもう一度よく考えて下さいというパタゴニアのメッセージでした。
利益よりも大きいところに伝えたこのキャンペーンは、ブランド力をさらに強めました。
自分のメッセージを明確に伝えることが求められる時代になってきているのではないでしょうか。

↓着ることについてのストーリー↓


Worn Wear(使い古した服)は、すでに所有しているモノを称賛すること

↓修理車がcool↓


服装で個性を出そうとするより、毎日同じ服を来ている人の方が格好良く思われる時代になりました。
スティーブ・ジョブスのように。。。


そして・・・環境保護について、少し考えてみて下さい!

環境問題に取り組む、アウトドア・ブランドの決断は。。。
↓ドキュメンタリー・短編版↓


ご参加ください。ジャンボを野生のままに
詳細はこちらから→http://www.patagonia.com/jp/the-new-l...パタゴニアHPより



パタゴニアの存在意義

最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する。

ブランドの特長
■パタゴニアのミッション・ステートメント

パタゴニアは、自分たちや仲間たちのクライミング・ギアを作る小さな会社として出発しました。現在もアルピニズムを企業理念の中心として、クライミング、スキー、スノーボード、サーフィン、フライフィッシング、パドリング、そしてエンデュランス・スポーツを楽しむ人たちのためのウェアを作っています。機械的な動力も観衆の声援も要しないこれらのスポーツは、どれも私たちと自然とのあいだにある架空の境界を取りはらい、「自然と一体となる瞬間」という得がたい恩恵を与えてくれます。

私たちが作る製品は、クライマーとサーファーが集まってスタートしたビジネスと彼らが推進したミニマリストのスタイルを反映して、シンプルさと実用性に徹したデザインを追求しています。

パタゴニアで働く私たちの心にある、手つかずの自然が残る美しい土地に対する情熱。それはまた、野生地域を保護する情熱と直結しています。野生のままの姿を留める土地や水域を守り、急速に悪化している地球環境の現状を逆行させるための活動を続けるために、米国内外で草の根環境保護活動をおこなう何百もの団体に、パタゴニアは時間と労力、さらに毎年売上の1%以上の寄付を行っています。

私たちのビジネスも、店内の照明から製品の生地の染色に至るまで、何らかの形で環境に影響を与えています。私たちはできる限りリサイクル・ポリエステルを使用したり、農薬を大量に使って栽培される通常のコットンではなく、オーガニックコットンのみを使用するなど、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑えるために、たゆまぬ努力を続けています。

ビジネスを営んできたこの30数年間、私たちは本質的な価値観を忠実に守りつづけながら、パタゴニアという誇るべき会社を築いてきました。そして、つねに最善を尽くしてクォリティの高い製品を作る姿勢が、市場での成功へと繋がってきたのです。
好日山荘より https://www.kojitusanso.jp/
[PR]
by fujiyanh | 2016-03-29 21:22 | アウトドア

「ぎっくり腰=ベッド上で安静」はむかしの話のようです。

ぎっくり腰になった直後の超急性期の時期には、痛みのため動く事もできない状況になっていて、

その場合は、ベッドに横になって安静にするしかありません。

痛みの少ない姿勢を見つけ、とりあえずは安静にします。

以上のことから、数時間〜半日ベッドで様子をみて、少し落ち着けば動ける範囲で活動を開始しましょう。

ベッドから起き上がる時は、以下のようにすると腰がねじれないため、比較的痛みを感じずにすみます。

  1. ①仰向けに寝た状態から膝を立てる。
  2. ②膝を倒しながら、ログロール(丸太ん棒のようにひとかたまりになって転がること)して横を向く。
  3. ③脚をベッドからおろし、それと同時に上になっている側の手でベッドの手すりを持つ。
  4. ④その状態から、下になっている側のひじでベッドを押しながら起き上がる。

腰が痛い時には「温めるべき」「冷やすべき」どちらの意見もよく耳にします。実際のところは?

温める方については、急性腰痛に対し効果があったそうです。お風呂のストレッチは効果大。


ぎっくり腰に対し、痛み止めの薬はよく効くそうです。ロキソニンやボルタレン、エスタックイブ など


実際、ぎっくり腰(重い荷物を持って)になった時に、以下の順で試しました。


症状:半日ベットで様子見、寝返りが辛い、自力で起立・歩行困難、杖(ストック)で補助、風呂は無理

1日目 安静にして、無理に動かさない

↓とても役立つ参考動画です。









2日目 動ける範囲で徐々にストレッチ開始 
    不思議と風呂だと腰が曲がる。温泉に通う人の気持ちがわかる
b0083855_17231823.jpg
b0083855_17232106.jpg
b0083855_16480316.jpg
b0083855_16472803.jpg


b0083855_16473624.jpg
b0083855_16475896.jpg
b0083855_16472267.jpg
b0083855_16480148.jpg
3日目 軸を意識して動ける範囲(無理は厳禁)で!




良くなったら体幹トレーニングで予防策!








[PR]
by fujiyanh | 2016-01-15 23:57 | アウトドア
1月9日 晴れ -1℃ 菩提峠から表尾根コースで塔ノ岳(1490m)へ 天気予報
( 菩提峠→ 二ノ塔 → 三ノ塔 → 烏尾山 → 行者岳 → 新大日 → 塔ノ岳
b0083855_330264.jpg

b0083855_330093.jpg

                            画像 秦野市観光協会HPより


東名秦野中井ICから約30分、国道70号でヤビツ峠を越え富士見橋を過ぎ公衆トイレ↓を左折。
b0083855_0384635.jpg

7:00着 菩提峠の駐車場(広場)20台ぐらい駐車可。
ゲートを抜け登山開始。
b0083855_0385130.jpg

林道を700m程のぼり、表尾根の登山道と合流。
b0083855_039149.jpg

ひたすら登る。全行程で一番しんどい気がする。途中に二ノ塔まで運ぶ石(整備用)がある。
7:30 ひと袋もって、ちょっぴり善いことをした気になる。
b0083855_039485.jpg

7:50着 二ノ塔 少し休憩。
b0083855_039637.jpg

のぼりが続く。
b0083855_039965.jpg

8:10着 三ノ塔  360度の展望が得られる。
b0083855_0391149.jpg

山頂からの眺望は表尾根でも有数の素晴らしさです。
b0083855_0392223.jpg

三ノ塔から急坂をかなり下る。
b0083855_0392543.jpg

8:40着 烏尾山  トイレ有
b0083855_0392971.jpg

展望盤 前方に富士山。
b0083855_5424962.jpg

行者岳を出るとすぐ鎖場の下り。
b0083855_039327.jpg

慎重に
b0083855_0393585.jpg


その②へつづく
[PR]
by fujiyanh | 2016-01-09 23:37 | アウトドア
ヘリに遭遇
b0083855_343316.jpg

10:10着 新大日
b0083855_3491342.jpg

10:20着 木ノ又大日
b0083855_3491827.jpg

11:00着 塔ノ岳山頂
b0083855_3492182.jpg

塔ノ岳からの眺望も素晴らしく、富士山の眺めは最高です。
b0083855_3492599.jpg

b0083855_349405.jpg

尊仏山荘
b0083855_3494256.jpg

b0083855_3494725.jpg

b0083855_3495146.jpg

水場が遠い 山頂から300m下ったところにある
b0083855_3495559.jpg

ふと振り返る展望もまたすばらしい
b0083855_350043.jpg

14:30着 二ノ塔からは行きとは違うルートで菩提峠へ。日本武尊足跡、マーキングを頼りに
道なき道を。けっこう不明瞭で道も荒れてるところあり。
b0083855_350348.jpg



[所要時間] 

7時間30分+昼1h

菩提峠入り口(7:00)→二ノ塔(7:50)→三ノ塔(8:10)→烏尾山(8:40)→行者ケ岳(9:10)→新大日(10:10)→木ノ又小屋(10:20)→塔ノ岳山頂(11:00)→→→昼休み→→→塔ノ岳出発(12:00)→菩提峠入り口(15:30)

[装備]

行動着 上(Tシャツ速乾性+長袖Tシャツ+薄手フリース) 下(下着+スパッツ+ハイキングパンツ)
ニットキャップ
手袋
化繊インナーダウン
レインウエア
ゲイター
トレッキングポール
水500ml×2
[PR]
by fujiyanh | 2016-01-09 23:36 | アウトドア
b0083855_23152275.jpg
涸沢ヒュッテHP→http://www.karasawa-hyutte.com/

上高地公式HP→http://www.kamikochi.or.jp/

【夏】上高地五千尺ホテル公式PV




8月19~21日 曇り 2泊3日 テント泊

松本IC~約40分、R158号で沢渡駐車Pに5:30着に予定
マイカー規制の為、沢渡駐車Pに車を泊める。普通車600円/1日
沢渡詳細マップ→http://www.alps-kanko.jp/
シャトルバスで上高地まで約30分
バス時刻表→http://www.kamikochi.or.jp/
往復割引乗車券 大人2050円 

1日目
6:30 上高地バスターミナル着 
河童橋まで約5分
b0083855_11465299.jpg
b0083855_11465921.jpg


平坦な森林帯の山道が続く 明神~徳沢~横尾 約3時間
川沿い とにかく気持ちいい
b0083855_11471545.jpg

b0083855_11471961.jpg

b0083855_11472384.jpg

9:30 横尾大橋 ここから登山道
b0083855_11473237.jpg

屏風岩の大岩壁が迫力
b0083855_11475819.jpg

b0083855_11481050.jpg

10:30 本谷橋 格好の休憩ポイント 昼食タイム
b0083855_11482619.jpg

亜高山帯へと山容が変わり、ヒュッテまでの急坂は本当にへこむ。写真撮る余裕なし
b0083855_12001518.jpg

13:30 涸沢ヒュッテ 標高約2310m
b0083855_11483307.jpg

b0083855_11483734.jpg

b0083855_11484430.jpg

テント設営 幕営料 1名につき1泊1000円 水&トイレ使用可
Eureka(ヨーレイカ)テント アマリパスソロ「1人用」重量1,7kg
全メッシュの為ちょい寒いが、コスパは最高!頻度少ない人には優れもの
b0083855_11484851.jpg

涸沢小屋→http://www.karasawagoya.com/ 
b0083855_11503080.jpg


その②へつづく
[PR]
by fujiyanh | 2015-08-23 21:01 | アウトドア
2日目 小雨
7:30 涸沢テント場 スタート
8:30 ザイテングラート取り付き 
b0083855_12102325.jpg

b0083855_12092109.jpg

b0083855_12104846.jpg

b0083855_12105336.jpg

9:30 穂高岳山荘→http://www.hotakadakesanso.com/
b0083855_12110353.jpg

b0083855_12111701.jpg

鎖場やハシゴもあるが危険ではない。行列待ちもないが浮石は注意!
b0083855_12112893.jpg

b0083855_12114010.jpg

頂上まであと少し、後ろに槍ヶ岳
b0083855_18563273.jpg

b0083855_12115500.jpg

b0083855_12121003.jpg

b0083855_12121505.jpg

前穂高岳へのルート ジャンダルム 初心者の自分には無理・・・
b0083855_12123405.jpg

槍ヶ岳
b0083855_12124955.jpg

11:00 奥穂高岳山頂 標高3190m
岩場の上に祠があり代わる代わる人が登っては写真を撮り合います。
風が強いので慌てずに!
b0083855_18501298.jpg


名残惜しいが山頂は混み合って居場所もあまりない

穂高岳山荘で昼食 そば美味い、記念にタオル購入
充実のまったり感。山荘泊の人達と別れて下山。
いつか穂高岳山荘に泊まってご来光をってのもいいね!


16:00 涸沢テン場
しかし雨が酷い・・・予報通り、翌日大雨かも・・・
着込むが寝つけが悪い 気温5度
b0083855_12133756.jpg
3日目
雨の中、テントを撤収
7:30 涸沢カール脱出



コースタイム
1日目
沢渡P(6:00)→上高地(6:30)→明神(7:30)→徳沢(8:30)→横尾(9:30)→
本谷橋(10:30)→涸沢テント場(13:30)
2日目
涸沢テン場(7:30)→ザイテングラート取り付き(8:30)→穂高岳山荘(9:30)→
奥穂高岳山頂(11:00)→穂高岳山荘(12:30)→涸沢テン場(16:00)
3日目
涸沢テン場(7:30)→上高地(12:30)




[PR]
by fujiyanh | 2015-08-23 21:00 | アウトドア
b0083855_12103418.jpg

世界中のアウトドアブランドにテント、ポールを供給するアルミポールのリーディングカン パニーである
DAC社(1988年創業)が2009年に立ちあげたブランド。
優れたデザインと強度と柔軟さを併せ持つ超軽量アルミポールを採用した革新的 なチェアは瞬く間に
話題になり、世界中のアウトドアファンの支持を集めています。
腰まですっぽりと包まれる安心感と、吊り下げ式の座面からくるちょっとしたユラユラ感が
絶妙な心地よさを与えてくれます。細いアルミフレームの外見から想像もつかない安定感の良さ。
これこそがヘリノックスチェア最大の魅力かもしれません。
b0083855_12103181.jpg

ポールは全てゴム紐が付いているので、穴にポールを差し込んでいくだけの超簡単な作業です
b0083855_12103939.jpg
フレームは分割式の超軽量アルミニュームポールを採用しているので,非常に軽量でコンパクトに
収 納でき持ち運びに大変便利です。つりさげ式シートなのでお尻をすっぽりとつつみこまれるような
快適な座り心地です。背面にはメッシュ素材を使い通気性も抜群。
スタッフバッグを足下のフレームに取り付けると小物入れとしても使えます。
【重量】890g
【サイズ】幅52×奥行き50×高さ66cm
【収納サイズ】直径10×高さ35cm
【耐荷重】145kg

↓組立動画↓

b0083855_12103588.jpg
詳細はこちら→http://www.montbell.jp/モンベルHPより







[PR]
by fujiyanh | 2015-07-14 19:06 | アウトドア