Lounge ”四季”を散歩して・・・                気になること(モノ)を綴るblog

fujiyanh.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0083855_1133043.jpg

DeNA・三浦大輔投手(42)が不屈の番長魂を見せつけ、涙とともに横浜一筋25年間の現役生活に幕を閉じた。29日、引退試合としてチーム今季最終戦 のヤクルト戦に先発。通算535試合目で自己ワーストを更新する10失点、ボロボロになるまで投げた。ベテランに優しいマウンドなど存在しない。
ストライク1つ取るたびに、大歓声。2ストライクを取って拍手。打ち取って喝采。
119球、7回1死まで投げて、今季3戦3敗、プロ野球新記録、前人未到の 24年連続勝利は逃したが、まさに完全燃焼。
b0083855_1133694.jpg

全員背番号「18」
試合前の練習では、全員が黒いTシャツ姿。正面には「ONE TEAM PLAYER」。背面には赤で背番号18。試合でも全員が背番号18のユニホー ムを着た。大洋、横浜、DeNA。一筋25年を過ごした三浦の思いを共有した。試合後の胴上げ、背番号と同じ、18回も宙を舞った。
同僚だけではなく、ヤクルトナインも引退セレモニーを最後までベンチ前で、見てくれた。横浜だけでなく、プロ野球に愛された男の証だ。そして見る者の心に刻まれた。
三浦は引退を決意した理由として「勝てなくなったからです」と、“ハマの番長”らしくきっぱりと答えた。
街中には“永遠番長”と記された垂れ幕やポスターが掲げられた。
b0083855_1133366.jpg


三浦大輔オフィシャルブログ→http://ameblo.jp/daisuke18/
横浜DeNAベイスターズHP→https://www.baystars.co.jp/
[PR]
by fujiyanh | 2016-09-30 07:01 | アウトドア
長短金利操作付き量的・質的金融緩和なるものの導入が決定されました。

•マイナス金利の深掘り見送り←銀行への配慮
•長短金利操作「イールドカーブ・コントロール」→スティープニングさせることが狙い
•国債買入規模はおおむね維持→拡大したらスティープニングできないから
•固定金利による資金供給オペの期間を、現行の1年から10年に大幅拡大
•物価上昇率が2%を超えるまで資金供給を拡大すること
 ※スティープニングとは、短期金利と長期金利の差が大きくなること
b0083855_6415130.png

不健全且つもはや効果なしとも言われつつあるドーピングの増量ではなく
長短金利をイジくり倒すことに加え、
ETFの買入対象をイジくること(TOPIX型の買入枠拡大)となった。
そして市場では、長期債の買い入れを減らして長期金利を上昇させ、
短期債を買うことで短期金利を低下させる金利のイジくりによって、
イールドカーブを立たせることは、実質的なテーパリング(量的金融緩和の縮小)
なのでは?と受け止められるとの見方もありますが、
米国のテーパリングを見る限り、
単純に量は増えなくとも、減らさないのであれば、
テーパリングにならないのでは?と思うのですが・・・
むしろ量をそのままにやり方を変えることで、
結果的にテーパリングのような動きに操作できるのであれば、
むしろ賢いやり方だと思ってしまうのですが・・・

これで円高を招かず・・・もしくは為替が動かなくとも、
物価を含む日本経済及び日本株が屈さずに踏ん張りを見せれば、
実体経済での大きな構造転換・・・市場においては大きな転機(成果)では?

従って、実際に日銀が金利を操作できるのかどうかはわかりまへんけど、
相変わらずフロントランナーという名の社会実験大国の我が国が、
かつてない金融政策の手法を試みるというのも事実であり、
日本人民共和国による管理相場でおます。
どれほどの効果を生み出すのか期待です。
[PR]
by fujiyanh | 2016-09-22 19:39 | 時事メモ